介護職の求人・転職なら介護リラ

支持率、満足度、わかりやすさNo1
介護職コラム
介護現場の基礎知識

訪問入浴介護とはどのようなサービスか?

訪問入浴介護とはどのようなサービスか?

まずは訪問入浴介護と訪問介護の入浴介助サービスの違いを知ろう!

言葉上よく似ているので、勘違いしやすいのですが、訪問入浴介護と訪問介護の入浴介助サービスはまったく異なるものです。
訪問入浴介護とは自宅のお風呂に入ることが難しい方に対して、外から入浴のための簡易浴槽を持ち込み、通常複数の看護職員や介護職員が入浴の介護をし、入浴していただくサービスのことです。その一方入浴介助サービスというのは外部から浴槽などを持ち込まず、自宅のお風呂で入浴していただく際に看護職員や介護職員によって介助を受けられるサービスです。

訪問入浴介護を実行するために考えなければいけないことはたくさんある。

訪問入浴介護は寝たきりのため家族だけでは入浴させてあげられない、自宅のお風呂まで移動することが困難な状況の場合、外部から簡易の浴槽を運び込むわけですが、家といっても様々なわけで、皆が平屋の一軒家とは限りません。エレベーターがない高層階のマンション、部屋が狭い、給排水の場所が遠いなど、様々な家の状況が考えられ、それぞれに対応していく必要があります。

スタッフは通常3人体制で、訪問後まずはお風呂に入ることができるかどうかをチェックします。看護師が血圧、脈拍、体温など健康状態の確認をします。それで問題なければ、防水マットの上に専用浴槽を設置して、最適な温度に調整します。次ぎに、本人の状態に合わせて洗髪、洗顔、洗体を行い、入浴が終わったら、再び健康チェック、体調に変化がないか確認、排水して浴槽を洗浄、消毒して片付けまでが一連の流れです。

入浴の準備から、入浴していいかどうかの確認、そして入浴の際の安全確認と確保、入浴したあと特に変化はないかどうか、そして、入浴セットの片付けと元通りにもどすまでが、訪問入浴介護のサービスということになり、ご本人はもちろんのこと、簡易入浴セットを運び込む際に家や荷物に傷をつけたりしないように、いろんなところに配慮をする必要があります。

高齢者の方にとっての入浴のメリット

確かにいちいち入浴の準備をして片づけまでを考えるとスタッフ目線ではかなり大変ですが、高齢者の方にとって、お風呂に入ることのできるメリットはたくさんあります。

○まずなんと言っても、疲れをとることができ、リラックス効果がある、気分転換にもなる。
○お風呂に入る前に健康チェックを必ずおこなうので、健康状態を把握することができる。
○温熱効果を期待することができる。温熱効果とはお湯が持っている温度、浮力、水圧などが身体をほぐし新陳代謝を促し、血行を良くしてくれます。緊張した 神経も和らぎますし、身体の免疫力も高まると言われています。あたたかいお風呂に入ることにより血行がよくなり、それによって多くの効能が得られる可能性が高いです。 体が温まることにより血管(特に抹消血管)が広がることで新陳代謝が高まり、体内の不要物の排泄を促します。

○静水圧効果も期待できる。静水圧効果とはお風呂に入ることにより全身に圧力(水圧)がかかり、内臓が刺激され、内臓運動をうながすことになる。
○浮力効果によって、お風呂に首まで浸かると、体重は約十分の一になり、体を自由に動かせるようになる。
○冷えを取り除くことができる。冷えは万病の元といわれるように、冷えが原因になって、様々な病気を招く恐れがあります。お風呂で体内を温めることがこの冷えを改善するとてもいい方法だといえます。

入浴の際に気をつけなければいけないこと

そんなメリットがたくさんある入浴行為ですが、その一方で、入浴の際には気をつけなければいけないことも多々あります。高齢者の方が入浴中に事故にあったり、死亡するケースはとても多いのです。訪問入浴介護の場合はスタッフが細心の注意を払っていますが、一番気をつけなければいけないのは血圧です。人間の体の一番の弱点は温度差にあります。人間の体はずっと暑い、ずっと寒いという状態には、意外と強いのです。なぜなら、その状態に体が慣れ、対応しようとするからです。ところが、温度差には弱く、季節の変わり目に朝,夕と昼間の温度差が激しいと風邪を引きやすいのは温度差に弱いという理由があるのです。特に寒い冬にあまりに暑すぎるお風呂に入るのは要注意です。お湯の温度はほどほどにして、脱衣所には暖房のスイッチをいれ、着替えの際などにはできるだけ温度差を作らないことなどの工夫が必要になります。

求人を探す