介護職の求人・転職なら介護リラ

支持率、満足度、わかりやすさNo1
介護職コラム
介護職員のQ&A

女性が7割以上の介護現場!人間関係を改善する方法

女性が7割以上の介護現場!人間関係を改善する方法

女性が7割以上の介護現場!人間関係を改善する方法

慢性的な人材不足に直面している介護業界。団塊の世代がすべて75歳以上に達する2025年には約37万人の介護職員が不足すると言われています。そんな中で女性が7割以上を占めている介護現場では、人間関係に悩む職員が増加しています。そこで今回は、介護現場において人間関係を改善する方法を伝授します。

介護の仕事で嫌なこととは?

スタッフ間の連携が悪い
仕事を円滑に進めていくためには、職員同士の連携が必要不可欠です。しかしながら実際に介護の現場で働く職員の声に耳を傾けてみると、そこの部分を問題視する人が多い。単にハードワークでそれどころではないという理由もあるようですが、女性の多い職場において独特な人間関係が作られやすいのも原因のひとつなのかもしれません。

人間関係が悪い
10~60代まで年齢層も幅広く、さまざまな経歴を持った人たちが集まる介護の現場では、人間関係が一筋縄ではいかないことがほとんどです。意見や価値観の食い違いなどが発生しやすく、上司やリーダーたちは統率力がなかったり、結局は全員を平等に扱えないなどの問題が発生しています。

慢性的な人材不足
どれだけ介護の仕事が天職だと思って始めても、人材不足に直面している中で、ハードワークになってしまうのは避けて通れません。特に入居系の施設では夜勤もあったりと、不規則な生活になりがちです。中々休みを取ることができないなどの悩みに直面している人も少なくありません。

介護の現場で人間関係を改善するコツとは?

一人ひとりの介護感が違うことを理解する
十人十色という言葉があるように、介護業界においても一人ひとりが抱いている介護感は異なります。どれだけ自分自身が「違う」と思っても否定するのではなく、その人の考えを受け入れる術を身につけましょう。

気に過ぎることは、自分自身を苦しめることにもつながります。職場には苦手だなと思う人や考え方が合わないと思う人もいるでしょう。それでもそういった人たちと話をしてみてください。そうすることで、彼らの奥深くまで知ることができるかもしれません。

ある程度の話は聞き流す
介護職が利用者の方とコミュニケーションを取る時の基本として教わる「傾聴」「受容」「共感」。これらを職場でも生かしてみましょう。とは言っても、すべてを聞き入れろと言っているわけではありません。

自分自身が「嫌だ」と思った話は聞き流した方が良いですが、女性は特に共感を求める傾向にあります。あまりにもしつこいのであれば、「おっしゃる通りです」「勉強になります」など、とりあえずは肯定しておくことを忘れないでください。

基本的に悪口や噂話には参加しない
他人の愚痴や誰かの悪口を聞くときほど、しんどいと思う時はありません。女性が集まると、こういった話に花が咲いてしまうこともしばしば…。適当に聞き流すことも大事ですが、相手の話を否定することもしてはいけません。

また、それらに対しては同調してしまうと「〇〇さんが言ってた」など自分が言っていたようにされることもあります。特に夜勤帯の時間がある時などにこういった話になりやすい傾向にあるため、賛同はしないで聞き役に徹しましょう。

プライベート話は相手に合わせて
職場でコミュニケーションを円滑にしていくためには、ある程度のプライベート話も必要になります。とは言っても、どこまで話していいものかと、見極めに慎重になっている人も多いのではないでしょうか。

特に嫉妬を買いやすいのは、自慢話やのろけ話などが挙げられます。基本的にこういった類のものは避けて、失敗談や軽い自虐などを混ぜておくことが無難です。また、話す内容に関しては相手に合わせましょう。

無理は絶対に禁物

ここまでご紹介した内容は、飽くまでも応急処置にしか過ぎません。これらを試してみても改善されないこともあります。今の職場で、疲れ果ててしまっているのであれば、無理は禁物です。少しでも現状が「難しい」と判断したのであれば、思い切って転職も検討してみてくださいね。

求人を探す